膝の痛み克服で快適な歩行を取り戻そう|スムーズ運動サプリ

男性

女性の体の変化と対策

女性ホルモンの減少が原因

女性

女性の閉経は平均で51歳と言われています。閉経を迎える数年前から女性には更年期障害という心身のトラブルが起こります。月経の周期が乱れたり極端に量が減ったりし始めます。しばらく来ないので「もう終わったのかな」と思って1年くらいするとまたあったりと、月経に変化を感じます。それだけでなく気分がイライラして周りの人にあたったり、些細なことで悲しくなりしくしく泣いてしまったり気持ちが不安定になります。そんなに暑くない場所でも顔がほてって汗が出てきたり、体のだるさやむくみや頭痛が続き寝込まずにいられないほどになることもあります。これら更年期の症状は女性ホルモンエストロゲンの減少が原因です。脳からはホルモンの分泌をするよう命令が出ますが、機能低下した卵巣との伝達が上手くいかずバランスが乱れることで更年期障害を引き起こすのです。

辛さを改善するには

更年期障害は病気ではないからと放っておく人がいます。しかし日常生活に支障が出るほど影響しているなら改善が必要です。引きこもりがちになりますが、思い切って体を動かしましょう。ウォーキングや水泳、ヨガなどは効果的です。運動すると血行がよくなり体が温まって自律神経が整います。また諸症状に効果のあるサプリも有効です。減少する女性ホルモンの代わりに似たような働きのある成分のものや精神安定の成分のものなどがあります。これらの有効成分を食品から摂るとなるとたいへんですが、サプリなら手軽に続けられます。天然成分で安全性の確かなものを選びましょう。薬での治療を希望する場合は病院の更年期外来や産婦人科で検査を受けます。同時にカウンセリングが受けられるところもあります。自分に合った対策で辛い更年期を乗り切りましょう。